大月市観光協会 Otsuki Tourism Association
2013.05.26
雁が腹摺山・姥子山情報(2013.5.26)

5月23日に雁が腹摺山・姥子山に登り、その情報を沢山の写真でいただきました。さて標高1800mを超える雁ヶ腹摺山も新緑で遅い春の訪れを 感じたそうです。いよいよ本格的な山の息吹が感じられるときを迎えたようです。大峠から登山道に入り少し行くと御硯水があります。

 

迷うところはなく、1時間ほどで雁が腹摺山の山頂に到着できますがその直下にある神奈備石

 

 

 

そしてこちらは雁ヶ腹摺山山頂 山頂は広く富士山の眺めは抜群で、500円札の裏に描かれている 富士山の撮影場所としても有名です。

 

 

この日は残念ながら、富士山の眺望は今一つだったそうですが

日の出時の富士山の様子です。

 

 

山頂付近の平地にはマルバダケブキの大きな葉 夏になると背が高くなり、黄色い花を咲かせます。

 

 

 

 

そこから縦走して姥子山山頂へと。

 

 

以下は今回出会った花達だそうです。 こちらはムシカリ

シロバナヘビイチゴ

群生するニガイチゴ

ニガイチゴ

 

アセビ。僅かに最盛期を過ぎていたそうです。

 

タチツボスミレ

 

そして・・・・ お問い合わせの多いイワカガミに姥子山で出会えたそうで

すよ(^^) 山頂手前はやや急峻な岩場がありますが、この付近に 群生しているそうです。

岩場に生えることと、光沢のある葉を鏡に見立ていることに由来するイワカガミ

 

可愛らしいピンクの花ですね。 この花を見たいとお問い合わせが沢山あります。