ホーム > 遊ぶ > 体験 > 大月市立図書館に行ってみませんか?

遊ぶ play

大月市立図書館に行ってみませんか?

心豊かな森の様な図書館

これがこの4月1日から新しい館長さんになられたグラフィックデザイナーで
絵本作家の仁科幸子さんの大月市立図書館のコンセプト(^^)
まずは、図書館をリラックスできる空間にしたいと
図書館の愛称を「おおつきMOONらいぶらりぃ」という呼び名にし
ご自分で描かれた図書館キャラクターも生み出しました。
(こちらの呼び名は公募して決めるそうです)

DSC03965

仁科さんの絵本は、森や動物、精霊などをモチーフにした作品が多く
2012年「小さな友達ー星ねこさんのおはなし」で第23回ひろすけ童話賞の受賞もされています。

DSC03952

大月にこんな絵本の作家の方がいたなんて・・・。
知るという事はとっても素晴らしいことですね。こんなに沢山の絵本を書かれています。
DSC03964

DSC03953

どの作品も、愛にあふれています。
色合いもやさしく、心が癒されますし、大人も充分に楽しめます。

DSC03954

DSC03957
今の季節にぴったりのイラストが素敵。
DSC03958
心にしみる言葉の数々
DSC03961

DSC03975

絵本に登場させる動物は、ふれあってみなくてはわからない・・・
とハリネズミも飼ったことがあるとか。

これは飼っていたオカメインコちゃんについて
DSC03977

沢山の楽しみが詰まっていてワクワクしますよ。

またこちらのコーナーでは

DSC03978

DSC03983
図書館に勤務している方たちのこんなお一人ずつのカードで
とっても親しみが湧きますね。
DSC03985

絵本に合わせたお人形の数々の展示も。全て手作りです。

DSC03973DSC03997

こちらのお人形も東京生まれ、大月在住の方の手作りです。
本当に温かみのある素敵な展示ですね。
DSC03972

DSC03995

そして「私の大切な一冊」のコーナーでは初回の今回は、大月市長が登場しています。

DSC03991

DSC03990

その他、本の福袋と題して「ラッキーバッグ」コーナーでは、大月市内の小学校の
司書の先生や、猿橋幼稚園の先生などが選んだ本が入っている
バッグの貸出しなどもしています。

DSC04004

DSC04005
いつも選ばない様なジャンルの本に、素敵な出会いが待っているかもしれませんね。
子供の頃に本に興味を持つと事は、豊かな心が育ちます。
行ったことのない場所や、見たことのないものにも旅したり触れたりすることが出来ますね(^^)
そんなチャンスが、今の大月市立図書館には沢山あると感じました。

またその他、大月の民話のコーナーや

DSC04006

大月市出身の山岳写真家の白籏史朗氏の蔵書
大月の山々を知れるコーナーなど、盛り沢山です。
その他貴重な蔵書も沢山あります。

大月市立図書館は、山梨県内に住所のある人
大月市に勤務、通学している人なら図書カードを作ることが出来ます。

DSC03998
カードを作ると、本を借りたり、リスニングやAVコーナー、インターネットなども使うことが出来ます。

DSC04010
その他、沢山のイベントも随時企画中。

DSC03979
(詳しくは↗のHP、行事予定を参考に)
是非、楽しい大月市立図書館に足を運んでみて下さいね。

住所大月市駒橋1丁目5-1
電話0554-22-4815
FAX0554-22-4816
営業時間火曜日から金曜日 午前9時から午後7時
休業日毎週月曜日、祝日の翌日、月末の平日(館内整理日)
リンクWEB