大月市観光協会
大月桃太郎伝説

大月市には古くから桃太郎の伝説がありました。

昔むかし、おばあさんが「桂川」で洗濯をしていると、どんぶらこどんぶらこと大きな桃が「ももくら山」

の麓から流れてきました。その桃から生まれたのが「桃太郎」。「鶴島」にて成長した桃太郎は、「岩殿山」に住む悪い鬼の退治に出かけました。道中、腰に付けたきび団子をあげ、「犬目」でイヌを「鳥沢」でキジを、「猿橋」 でサルを家来にしました。一網打尽…桃太郎たちは鬼を征伐し、里の人々に幸せな暮らしが戻ってきました。鬼が手に持っていた石の杖が今でも「石動」の地に突き刺さり現存するように、大月市周辺には、桃太郎童話にまつわる地名や言い伝え、伝説がたくさん残されています。

 

物語の舞台ともなる岩殿山には、赤鬼が住んでいた「鬼の岩屋」(正式名:新宮洞窟)

があります。洞窟の中から外を見ると富士山の形が見えます。

 

 

 

「新宮洞窟」という名に相応しく、新緑の似合う美しい洞窟です。

雨量の多い時にだけ見られる滝が絶景だそうです。

(通常は、危険を伴うため立ち入り禁止となっています)