大月市観光協会
2018.07.16
山王宮祭典の様子

各地で夏祭りが盛んに行われた7月15日(日)夏本番の暑さ・猛暑日となり、強い日差しに日焼けした祭り関係者の法被姿があちこちで見受けられました。(炎天下の下での祭り準備等本当にお疲れ様でした。)猿橋では午前中に子供神輿が各地区を練り歩き、午後には山王宮前に大人神輿と子供神輿5基が一堂に集合して式典を待ちます。

座布団の上に猿が乗った神輿・各地区ごとに違ったお猿さんが乗っています。

 

台座に積み上げた座布団にご神体の猿が鎮座、台座の周りには今年生まれた新生児の名前の提灯が並んでいます。

 

 

一風変わった神輿を写真撮影

昨日は夕方5時からの式典直前に激しい雨に見舞われたため、雨がおさまるのを待って式典が執り行われました。

子供たちの健やかな成長を祈願して猿橋地域の古くからの伝統あるお祭りに大勢の人が集まってきました。

式典も無事に執り行われ、雨もあがり大分涼しくなった感じです。神輿を担ぐのもかなり楽になったのではないでしょうか?さあ、いよいよ神輿渡御です!!

 

 

 

 

今回は直前に雨に見舞われた為、神輿にシートがかかっています。こうしたレアな光景も貴重な写真となりますね。

 

大型バス駐車場にはお楽しみの露店が並びます。子供も大人もお買いものを楽しんでいました!!

 

歩行者天国となった祭り会場では、紅富士太鼓の演奏やじょいそーらんの皆さんの華麗な踊りが祭りを盛り上げてくれました。

 

 

 

 

 

地元が一丸となって開催される山王宮祭典、この地域に古くから伝わる伝統を守り継ぎ毎年開催されています。地域住民が結束し次世代を大切にする思いが、それぞれの愛郷心を育むものと感じます。子供から大人まで皆で祭りを盛り上げ大変素敵なお祭りでした。又来年の山王宮祭がとても楽しみです。