大月市観光協会

読み込み中...

岩殿城跡

戦国期の築城とみられる山城。

 

円通寺の聖地でもある「甲陽軍鑑」に岩殿山が三処の名城の一つとあり、その存在は古くから知られていた。

 

「甲斐国志」によれば、山頂部の一帯に「揚城戸、馬場、蔵屋敷、本丸、亀ガ池、空湟」などの地名が残っている。

 

遺構の残存状況も良好で、学術的価値は極めて大きいものである。

 

強大な自然石で城門を狭く築き、敵の侵入を防いだといわれる「揚城戸跡」も。

 

詳細情報
指定年月日
平成7年6月22日
管理者
山梨県・大月市
住所
賑岡町強瀬字西山53