大月市観光協会
2018.09.09
山本周五郎の隠れた名作「山彦乙女」講演会のお知らせ

人情味あふれる歴史・時代小説の巨匠『山本周五郎』は、1903年(明治36年)に大月市初狩町で生まれました。本陣造りの建築様式を今に伝える「みどう本陣」は、周五郎の名付け親の家でもありました。

 

 

国道沿いの家の前には、生誕地の石碑が立っています。

 

 

 

 

 

 

みどう本陣は江戸時代1800年頃に建てられ、参勤交代の大名一行が宿泊した風格漂う佇まいです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな 初狩のみどう本陣で、山梨県立文学館より講師をお招きして、周五郎の隠れた名作「山彦乙女」の講演会が開催されることになりました。

(こちらは以前の講演時の様子です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周五郎が見た景色や物語の情景を想像しながらハラハラどきどきのミステリーを読み解きます!

周五郎文学に触れる絶好の機会ともいえます。ご興味のある方は是非この機会にご参加下さい。

日時:平成30年10月13日(土)10時~11時10分(受付開始9時30分)

場所:みどう本陣 大広間 大月市初狩町下初狩307

定員:30名

参加費:無料

お問い合わせ事務局 河野 E-mail:hkm3m3@crocus.ocn.ne.jp