ホーム > 観る > 大月の文化財 > 木造七社権現立像

観る see

木造七社権現立像

七社権現とは伊豆権現、箱根権現、日光権現、白山権現、熊野権現、蔵王権現、山王権現をいう。
この七体は16世紀頃の造像、すべてヒノキ材の一木造りで、像高の平均は200cm。
これだけ大きな神像が七体そろって現存している例は県内でも珍しく、保存状況もよい。
過去、岩殿山の中腹の岩窟の祠殿に祀られていたもの。

(こちらの文化財はご住職に事前に連絡を入れていただければ
見せていただけるそうです。(連絡先℡:0554-22-0172))

DSC04523

DSC04524

指定年月日昭和54年2月8日
管理者真蔵院
住所賑岡町岩殿160
電話0554‐22‐0172
04_zou_1