ホーム > 観る > 大月の文化財 > 寛城のカエデ

観る see

寛城のカエデ

樹種はイロハカエデで、別名タカオモミジともいうカエデの代表種である。根本の周囲3.3m、目通幹囲2.9m、枝下約2m、幹は右巻きに捻れて伸びている。枝を東西約15m、南北に約9m張り出し、樹冠は球形をして美しく、樹勢もいよいよ盛んである。イロハカエデの巨樹として、本市最大のものである。

DSC01766

DSC01768

DSC01774

指定年月日昭和49年8月8日
住所七保町林850