ホーム > 観る > 大月の文化財 > 笹子追分人形

観る see

笹子追分人形

ここは天下に聞こえた甲州街道の難所
笹子峠のふもと、笹子村。
炭焼きの部落に三百年ほど前から伝わる
人形芝居がある。
山仕事の合間、芝居の稽古に熱がはいる。荒れて節くれだった手から
人形の悲しくも美しい物語がつむがれだす。
雪に埋れる峠の農家から、口三味線の義太夫節がひびく

以上  笹子追分人形保存冊子より

笹子追分人形は、義太夫節を伴奏とした人づかい様式の人形芝居で、
18世紀の頃、淡路(兵庫県)の人形使いによってここにもたらされ、
庶民の文化として受け継がれてきた。
一人が足を、一人が左手を、一人が右手と頭。
三人が呼吸を合わせてひとつの人形を使う。

指定年月日昭和35年11月7日
管理者笹子追分人形保存会
住所笹子町黒野田91追分ふれあいセンター
電話0554-25-2339(事務局)
リンクWEB
IMG
IMG_0001