ホーム > おしらせ > ~シオジの森~美しいジブリの世界へ(2016.7.11)

おしらせ news

~シオジの森~美しいジブリの世界へ(2016.7.11)

雁ヶ腹摺山の登山口のゲートの先には、山梨県森林文化の森として指定されている『小金沢シオジの森』があります。
シオジの天然林としては日本一とも云える天然林の森へ
今回は『シオジ森の学校』の花暦作成の為、調査に同行させていただきました。

IMG_4522

ゲートから先の道は関係者以外の車両は入ることが出来ません。

2484
シオジの森の学校では、シオジの植樹活動に取り組んでいます。
3年・5年生の苗木の様子です。

DSC07780

小さいものは3年もの。シカ害などによりここまで生育させるのはとても大変だそうです。

DSC07783

ノコギリソウ

DSC07784

アサギマダラ(蝶)

DSC07786

ヤマアジサイ

DSC07788

駐車場までの道中にも様々な出会いがありました。

DSC07793

駐車場

DSC07794

小金沢シオジの森入口

IMG_4521

シオジとは沢沿いに自生する日本特有の落葉高木です。

DSC07795

写真中央付近の褐色の部分が実です。

DSC07800

その実が落ちて発芽したシオジの赤ちゃん

DSC07798

天然のシオジが沢山自生し森となっていることは
豊かな自然環境の証であることを知らされました。

DSC07805

根の大きさからも巨木がうかがえるかと思います(^^)

DSC07807

水と光を一杯吸収してグングン・・高く高く育ったシオジの木。

2485

この分岐より先、天然林と北側にはカラマツの人工林が広がります。

DSC07813

木々の間から太陽の光が森の中に差し込みます・・。

2481

登山道は木の階段で整備されすぐ脇は動物たちのけもの道がいっぱい。

2487

この森には沢山の動物たちが住んでいます。
このブナの木はクマの爪痕!!

DSC07846

クマに噛まれた道標

DSC07861

鹿の糞もあちこちで見られます。

DSC07862

鹿による食害

DSC07869

高くそびえる木の左中央の穴はムササビの巣だそうです。
絶えず鳥たちの囀りが聞え・・どっぷり自然の中にいる事を実感しました。

DSC07865

2488

山の上から砕かれた岩が川の様に帯になっていた箇所。
何億年も前は海の底であったという地球の歴史を物語っている場所・・。

DSC07825

DSC07863

2492

2499

自生する植物

DSC07872

分岐地点に設置してある道標。
長沢分岐より沢沿い一帯がシオジの自生地帯

DSC07875

2491

この時期は、一年中で最も苔が美しい季節です。
大月にこんなに素敵な場所があったのだ!!
他の何処にも負けない・・ここはジブリの世界!!

DSC07877

手つかずのままの自然の姿・森の神秘・・
もののけ姫が出てきそうな光景

DSC07879

DSC07884

2490

おそらく日本で一番大きいとされるシオジの木
木周りは大人3人でやっとこ・・樹齢二百数十年?
ここ木の高さは30m以上、それは丁度猿橋の川から橋の高さと同じ位だそうです。

DSC07912

沢沿いに生育するシオジの幹は、柔らかい感じがしました。

DSC07910

森のあちこちで鳥たちが囀り♪♪

IMG_4527

天然のカエデやブナなど多くの落葉樹の森
四季折々で森の様子は一変していくのでしょう。
これから秋にはまた素敵な景色に出会えることでしょう(*^^)v

DSC07903

DSC07809

この美しい森は、『全国水源の森100選』とされています。
大月市のきれいな空気と美味しい水の源は、この豊かな森からの恵みであること
・・。
日常生活の中でとかく忘れがちな大切なことを改めて感じました。
この自然を地球規模の財産としてずっと大切に残したい・・。
『シオジの森の学校』では自然に親しみ、森を大切にする取り組みを行っています。
10名ほどの人数が揃えば、ネイチャーガイドさんと一緒に森の散策も可能だそうです。
詳しくは『シオジの森の学校』事務局までお問い合わせ下さい。
自然に触れそこに暮らす動物や植物の生態系を感じ
私たち人間も自然の一部であるということが強く印象に残りました。
大変貴重な体験をさせていただき
自然を守っていくことの大切さをより強く感じた一日となりました。

住所山梨県大月市大月2-12-29(株)誠実堂内
電話0554-22-2775
FAX0554-22-4389
営業時間メールアドレス:shioji@seijitsudo.com
リンクWEB