大月市観光協会
森武七墓碑

森武七は、天保7年(1836)、郡内の農民により端を発し、

甲斐一国規模の農民一揆となった天保騒動の中心的人物である。

武七は天保7年8月、郡内の農民たちが国中の米穀商と交渉に行く時に頭取に選ばれ

農民を率いて笹子峠を越えたが、人数が増えて暴徒と化し

頭取の指揮に従わなくなった一揆勢に見切りをつけ、途中で引き返した。

その後、武七は罪をかぶって役人のもとに出頭し、

同年11月16日、石和牢舎に送られて同日牢死している。


墓石は、高さ98cm、幅65cm、厚さ35cmの自然石で、

「的翁了端信士、天保七中十一月十六日」と彫られている。

詳細情報
指定年月日
昭和44年8月8日
住所
七保町下和田529-2