大月市観光協会
2016.06.22
第5回矢立の杉・身代わり両面地蔵菩薩終わりました。(2016.6.22)

平成28年6月21日、第5回の矢立の杉・身代わり両面地蔵菩薩の年次大祭が終わりました。

この日は、あいにくの雨模様となりましたが 霧の立ち込める矢立の杉周辺は、

神秘的な雰囲気を漂わせています。 矢立の杉の周辺には、テラスも備え付けられています。

ラ・アルエットの皆さんの合唱で式典が始まりました。 開式の言葉のあと、真蔵院住職による御祈祷

参列者の御祈祷と続き、杉良太郎・伍代夏子ご夫妻の御祈祷

市長と続き

そのあと参列した皆さんにとお祓い

杉良太郎さんのあいさつと

伍代夏子さんのあいさつと続きました

 

お二人が口々に、遠い地に居ても いつもこの矢立の杉・そして身代わり両面菩薩地蔵の事を想い

お参りしてくださった方々の痛み、苦しみの身代わりとなってくれるよう

祈っているとおっしゃっていらっしゃいました。

杉良太郎さんが歌う「矢立の杉」の歌詞が刻まれた碑の前で、写真を撮らせていただきました。

 

その後矢立の杉の前で、じょいそーらんの皆さんによる演舞があり 集まった皆さんが見入っていました。

 

杉林が水墨画のようでした。素敵なご夫妻の姿に、見入っしまいました。

市長とご一緒に。

遠くから駆け付けた多くのファンの方たちの要望にも 一つ一つ丁寧に対応されていました。

皆さん大変喜んでいらっしゃいました。

この地には杉良太郎さんが杉を見守るために建てられた両面地蔵があります。

表の顔は杉さん、裏の顔が伍代さんと言われています。

 

樹齢1000年と言われる矢立の杉の幹は 地上22mで折損し、

気の中は空洞となりながらも 青々とその葉を繁らせています。

 

パワースポットとしても知られているこの地に 是非お参りしてみてはいかがでしょうか?