大月市観光協会
2015.07.08
『矢立の杉・身代り両面地蔵菩薩』第4回年次大祭が行われました。(2015.7.8)

連日梅雨空が続いている大月市、今日も午後からは本降りの雨となりました。

その雨の中で笹子の矢立の杉において第4回『矢立の杉・身代り両面地蔵菩薩』年次大祭が行われました。

毎年行われるこの大祭には、杉良太郎・伍代夏子ご夫妻が揃ってお越し下さり

全国から多くのファンの方々も駆け付けて下さいます。

この生憎の雨にも関わらず大勢の方々がお越し下さいました。

式典前の男性コーラスグループ『桂川グリーカジカ』の皆さんによる

『矢立の杉』の合唱 静寂な地に神聖な歌声が響き渡り、式典が始まりました。

矢立の杉が今後ますます大勢の方々から親しまれ、また身代わり両面菩薩も健全に日々を重ねて頂く為に

感謝を込めて祈祷が行われました。

 

杉良太郎・伍代夏子ご夫妻揃ってご祈祷されました。

式典の後には『じょいそーらん』により演舞が行われ、メンバーと共に記念撮影されるご夫妻。

矢立の杉は樹齢1000年を超す巨樹で、中は空洞となり地上22mに及ぶ幹も折損していますが、

今もなお生き続けている貴重な大月市の財産です。

この地はとても神聖な場所でもあり、この杉からパワーを頂ける感じがします。

是非一度訪れてみて下さいね。