大月市観光協会
2015.06.22
滝子山南尾根コース登山道の様子(2015.6.22)

6月18日、時々雨の降る木曜日に、滝子山に登った方からたくさんのお写真をいただきました。

登山のご参考になさってください。

 

南尾根コースが載っている地図

 

尚、コースは 桜公園~大鹿林道20分徒歩~道証地蔵・登山道入り口~山頂~南尾根コース ~白野地区という

岩場などがある強硬コースです。

通常は山頂より初狩駅に下るコースを取りますが、

その場合、笹子駅から道証地蔵の登山道入り口まで徒歩1時間10分 →山頂まで約3時間→初狩駅まで3時間ほどかかる

長丁場になりますので、 お時間に余裕をもって、早い時間からのスタートをお勧めいたします。

(日の暮れの早い冬場はお勧めいたしません!)

さて、それでは今回いただいたお写真を(^^) 入口の桜公園から登山口まで約徒歩20分。

 

 

 

 

 

(ここまでは車で入れます。) ここが道証地蔵がある登山道の入り口です。

 

 

 

 

倒木が多く荒れているところも多々あったようですね。

 

 

 

 

滝子山はご覧のように滝が多く、夏場は涼しく 気持ちよく登山が楽しめますね。

 

 

 

その後、難所という文字が見える標が

 

 

こちらは迂回路です。

 

 

迂回コースを進みます。

 

 

 

難路との合流点に突き当たります。

 

 

 

 

その後左手には廃屋を見過ごして

 

開けた登山道に出て緩やかに登る事20分ほど

 

 

 

その後鎮西ケ池に到着。 池のそばには白縫神社という小さな鳥居と祠があります。

こちらは源鎮西八郎為朝と白縫姫が祀られているという伝説があります。

 

 

 

 

これを過ぎると急な上り坂となり、山頂までは15分。

こちらが山頂。天気が良ければ南に富士山や本社ケ丸、三つ峠や鶴ケ鳥屋山 北にハマイバ、

白谷ノ丸、黒岳山、大峠や雁ケ腹摺山を望むことができる。 梅雨時で時々雨の降った今回は、

視界はあまりよくありませんでした。

 

 

頂上を過ぎると この道標を見ていよいよ下りです。

 

 

こちらは割と最近開かれた南尾根コース。

難所が多く急なくだりと岩場があり危険個所の多いコースです。

 

 

 

 

 

 

下から見たところ。かなり切り立っています。

 

 

道も荒れている印象だったそうす。 これはおそらく落雷の跡?

 

 

そしていよいよ南尾根コースを抜け出します。

 

国道20号に向かって歩きます。

ここからまだまだ国道に出るまでには1時間近く林道を下っていきます。

途中癒しの森・悲しみの森という場所を経由。

大月に存在する荒廃林(悲しみの森)と手の入った癒しの森の対比を 感じていただき、

森林の問題について考えていただくという事を 目的に作られました。

 

 

 

 

またこちらでは、できたばかりの砂防ダムも見られます。

 

 

林道を歩き続けること約1時間。 やっと国道20号線に出ました。

 

 

本日のコースを確認。お疲れ様でした。

ちょうど、笹子駅と初狩駅の中間にあるこの場所からは それぞれの駅まで35分ほどかかります。

時間に余裕をもって早い時間からスタートしていただきたい山です(^^)